時間も場所もお金も自由な生活を手に入れる人生を目指し中

モバイルフレンドリーテストで「ページにアクセスできません」となったときの対処法

目次

発生状況

サイトをgoogleのモバイルフレンドリーテストで確認したところ、以下のように「ページにアクセスできません」となってしまった。このせいで広告出稿ができないので、確認して欲しいとクライアントから連絡。

対象の環境

今回エラーとなってしまったサイトの環境や状況は以下の通り

  • 対象はサブドメインlp.hoge.comとして公開しているサイト。(hoge.comというサービスサイトのLPである。)
  • 使用しているサーバーはさくらレンタルサーバー。ルートにはWordPressが入っており、サブディレクトリの/lpに対象サイトlp.hoge.com用のソースコードがある状態。
  • lp.hoge.comのドメインは数日前に作成したばかりという状態。(まだgoogleにインデックスはされていない)

対処方法

以下を確認していきました。

noindexの確認

サイトの<head>内にcontent="noindex"入っていないことを確認。これはありませんでした。

.htaccessの確認

.htaccessには以下の記述だけ入れておりました。

※これは/lpディレクトリにソースコードを置いているため、レンタルサーバーの仕様上、lp.hoge.comでもhoge.com/lpでもアクセスができてしまいます。なのでhoge.com/lpからはアクセスができないように制御するコードです。

SetEnvIf Host "^lp.hoge.com$" host
order deny,allow
deny from all
allow from env=host

上記以外にはアクセス制限をする記述は入れておりません。

念のため、一度削除してテストをしてみましたが変わらずエラーだったので、.htaccessは影響なしです。

海外からのアクセスを拒否していないかの確認

調べると、海外からのアクセスを拒否しているとエラーになるらしいというのを見つけたので、サーバーの設定を確認。

使用しているさくらのレンタルサーバーでは、デフォルトで一部海外からのアクセスを制限がONになっています。ただ、制限しているのはWordPressの管理画面や重要なファイルのみで、Googlebot は有効化の状態でもアクセス可能です。とあるので、これはONのままで問題ありませんでした。

robots.txtの確認

「robots.txt ファイルによってブロックされた可能性がある」とメッセージが出ているので確認しましたが、robots.txtはファイル自体をサーバーに入れておりませんでした。

なので関係ないと思ってスルーしたのですが、robots.txtを作成して以下の記述を入れたらエラーが解消しました!!!
記述内容は、全てのクローラーの巡回を許可するという意味になります。

User-Agent:*
Disallow:

うーん、明記しないとダメなんですかね?
謎なのですが、エラーは解消してモバイルフレンドリーテストの結果が見れたのでこれで解決です。

まとめ

結論は、robots.txtに全てのクローラーの巡回を許可するという記述を記載して、サーバーにアップしたら解決した。です。

目次
閉じる