「WordPress仕事の現場でサッと使える! デザイン教科書」で勉強してみた感想

WordPressでこのブログを初めて約半年。
記事を書くのみだし、テーマも配布されている無料テーマを使うだけでカスタマイズは一切できませんでした。

せっかくなので、オリジナルのブログテーマを作りたいと思ったのでWordPressの勉強をはじめました。
勉強に使用したのはこちらの教材。

【2020年4月更新】WordPress5系に対応した最新版が発売されました。

実際にこの本を使用してみた感想をまとめます。※私が使用したのはWordPress4系の本です。

目次

この本にした理由

すでにWordPressでブログを書いておりましたので、導入や基本的な使い方から書いてある入門書ではなく、カスタマイズをメインで書かれている中級レベル的な本を探しておりました。

サルワカさんの記事を見ていたら、そんな私にドンピシャな本が紹介されていましたので購入を決めました!

【2020年4月更新】WordPress5系に対応した最新版が発売されました。

使用してみての感想

テーマ作成やカスタマイズに関することが詰まった本です。これ一冊あれば簡単なテーマなら作れるようになります。

本では架空ホテルのコーポレートサイトを作成していき、1冊終えるとサイトが完成するチュートリアル形式で進みます。

HTML/CSSですでにマークアップされた静的ページがダウンロードできる教材として用意されており、そこにWP関数やPHPを組み込んでいきます。最初は静的だったページが関数を組み込むことによりどんどん動的になるのがとても楽しかったですね♪

世の中の多くの企業のコーポレートサイトでWordPressを使用されているという話は聞いたことがありましたが、実際どうやって作っているのは全く分かりませんでした。「WordPress=ブログ」っていうイメージだったので。

でも、仕組みを勉強して見たらどうやって作るのか分かりましたし、今なら私にも作れそうです。

なので、カスタマイズやテーマ作成を勉強したい方にはぜひおすすめします。ブログだけじゃなくて、ホームページなどを作ってみたい方にもおすすめですね。

この本の対象者やレベル
  • WordPressを触ったことがある
  • HTML、CSSを触ったことがある
  • プログラミングをやったことがある
  • WordPressのテーマを作ってみたい
  • WordPressの既存テーマをカスタマイズしたい
  • WordPress使った仕事をしたい。

ちなみに私はPHPは一切触ったことがなかったけど、Javaでブログラミングの基礎は習得しておりましたので苦戦はしませんでした。

プログミングを全くやったことがなかったり、HTML、CSSが分からないとカスタマイズはちょっと意味がわからない箇所もあると思います。

そういう方はまずはHTML、CSS、PHPの基礎は抑えておいた方がいいです。そんなプログミング初心者にはProgateなどから始めることをオススメします。

この本の良いところのまとめ

  • テーマを1から作成する方法を学べる
  • プラグインやSEO対策などサイト作成に必要な基礎知識も学べる
  • 内容が充実している
  • 中はカラーで綺麗にまとまっているので分かりやすい

この本の良くなかったところのまとめ

  • 2015年の情報のためちょっと古い箇所もある

本に関してはこればっかりはしょうがないですね。
また、2018年にWordPress5にアップデートされて、エディタを中心にガラッと変わりました。関数とか基本的な使い方は変わらないのですが、注意が必要です。

【2020年4月更新】
WordPress5系に対応した改訂版が発売されましたので、情報は最新版になっています!

WordPressの仕事をしたい人におすすめ

WordPressを使ったことがある人が、次のステップとしてテーマ作成を学べる本です。オリジナルテーマを作ってみたい方や、WordPressを使った仕事をしたい方はぜひ読んでみてください!

ちなみに私はこの本で勉強したら、WordPressの仕事が見つかりました!!!
WordPressで仕事を取るまでについては以下記事にも書いています。

ただ、WordPressのテーマ作成にはHTML,CSSが分かることは必須ですので、分からない方はまずはHTML,CSSから勉強することをおすすめします。

目次
閉じる