フリーランス

フリーランスの開業届けを提出してきました

フリーランスWebエンジニアを始めましたので、開業届と青色申告承認申請書を提出してきました。

行く前はどんな感じなのか、分からないから色々調べたりして、ドキドキでしたが、
「え?これだけ?」ってくらい簡単でしたよ!!

事前準備

税務署へ行く前に、準備します。

管轄の税務署を調べる

会社員やっていると、税務署に行くことは基本無いので、税務署ってどこにあるの?ってなるはずです。

各市に一つあると思っていたのですが、調べてみると大きい都市では区ごとに分けられていたり、小さい都市だと複数の市町村を1箇所の税務署か管轄していたりと地域によって色々でした。

私は過去に確定申告で何度か訪れていましたが、念のため調べて行きました!

国税庁のHPから調べられます
税務署の所在地などを知りたい方|国税庁

開業届と青色申告承認申請書の記載準備


申請書ですが、2種類の記載方法があります。

・国税庁のHPからPDFをダウンロードして記載し印刷して持って行く
・税務署へ行ってその場で書類に記載する

好きな方で大丈夫です。

色んなサイトを見ると、PDFで印刷して持って行くパターンを推しているサイトが多かったです。

なので私も印刷して行こうかと思いましたが、プリンター持っていないのでコンビニ印刷になるのが面倒だったので、税務署に行って書くことにしました。

手書きしたくない人とか、印刷された文字の綺麗な紙で控えを残したい人は、印刷して持って行くのがいいですね。

税務署に行って書く場合も、事前にPDFをダウンロードしてどんなことを書く必要があるのか見ておくと、いざ書く時に慌てないのでオススメです。

ちなみにダウンロードしたPDFと税務署でもらった書類は微妙に位置が違ったりとフォーマットが異なっていたので、そこは注意です。

青色申告承認申請書を出す場合は後日でも大丈夫ですが、どうせやるなら一緒に出した方が楽ですよ!!

書類の記載方法はこちらのサイトを参考にさせていただきました。
https://jigyonushi-kyokasho.com/kaigyotodoke-kakikata/

記載事項で悩んだのが、職業と事業の概要欄
職業 「Webエンジニア」
事業 「Webサイト制作、Webシステム開発」
と書いておきました!

ちなみにWebデザイナーだと法定業種のデザイン業になるので、事業税5%取られるそうです。

あとで知ったのですが、開業freeeのサービスを使うと無料で開業届けを簡単に作れるそうです。(提出前に知っていたら使ったのに…)

知り合いのフリーランスから使ったと聞きましたが、「簡単でよかった」って言っていたので、気になる方は使ってみてください。

税務署へ提出

あとは管轄の税務署へ行って提出するだけ。

・印鑑
・マイナンバーカード
・身分証明書

これさえ持っていけばOK!

用紙は用意されているものを取って、必要事項を事項を記載して印鑑を押して窓口に持って行ったら、確認してくれて受領印押してもらって終了。

確定申告の時期じゃないので税務署はガラガラで待ち時間もなく、記載時間含めて10分くらいで終わりました。

紙書いてハンコ押してもらって終わりなので、「え?これだけでいいの?」ってなりました。

税務署まで運動がてら自転車で行ったのですが(往復約40分)、移動時間の方が長くて疲れましたわ。

これで晴れて個人事業主となりましたし青色申告もしたので、あとは帳簿の記載頑張ります!!

税金の勉強もしよう!

青色申告書を出したので、帳簿の記載を頑張らないといけないので合わせて本を買いました。確定申告系の本は1冊は持っておいた方がいいですね。

これは知り合いの経営者にすすめられたので買いましたが、読みやすかったので私からもおすすめです!

あと、最近この本はネットで話題になっているので、気になっている。漫画なので面白そう!

ABOUT ME
アヤカ
時間と場所に縛られない生き方をしたくてフリーランスになった人。WordPressを中心にWebサイト制作などをやってるwebクリエイター。