プログラミング

Rails勉強会を開催してみた

初めて勉強会を主催しました!
開催した勉強会はこちら
RailsでWebアプリを作ろう!

プロローグ

これは私のつぶやきから始まった・・・

この時は勉強会にいってみようかな〜くらいの気持ちで、開催する気はまだなかったが、このツイートを見た三浦さんから勉強会主催のお誘いを頂きました。

せっかくだからやってみようって事でお受けしまして、
そんなこんなで、話が進み無事開催することができました!!

実は、ここだけの話ね、今まで勉強会とか一切行った事なかったのですよ。
大体の人は勉強会に色々参加してみて、そろそろ自分でもやってみようかな〜って思いますよね。
ええ、私もそう思ってましたよ。誘われるまでは。

でも、主催やっちゃいましたよ!笑
まだまだ私だってRails初心者ですけど…意外とできたし、楽しかったですよ!
でも、完全な一人じゃなかったからできたわけで、一人だったらいきなりは無理でしたね・・・

やってみて思ったけど、勉強会主催してみたいけど、まだ初心者だしな〜って躊躇している人いたら、とりあえずやってみたら良いですよ!
自分が出来ることだけ教える勉強会にすれば良いんですよ。
一人で怖かったら仲間を巻き込めば良いんです!

これはそんな勉強会初心者の開催記録です。


勉強会の企画

5月初旬、第一回目の打ち合わせを行いました。
打ち合わせ前の時点ではRailsの勉強会をやることくらいしか決まってませんでした。

なので決めたのは、

  • 開催日(まずこれ)
  • 時間、ざっくりとしたタイムスケジュール
  • 勉強会名
  • 募集人数
  • 勉強会の内容、対象者(ざっくりとね)

この時点では内容とかもざっくりな状態でしたが、Rails初心者向けにローカル環境でアプリをつくってみるというコンセプトでconnpassに登録し、数日後から募集開始に設定。

人数は10人くらいを想定していたのですが、「正直10人も集まるかな〜?」と二人で話しておりました。宣伝はTwitterで二人で1ツイートずつしただけでしたが、蓋を開けてみると募集開始から1〜2日くらいで定員埋まりました!!
これには主催者ビックリです!!三浦さんの判断で急遽増席したのですが、その追加枠も抽選になるほどでした。

Rails人気なんですね〜

終わった後に勉強会参加者の感想で
「始めたばかりの初心者はもくもく会とかは分からないところを聞きづらいのでハードルが高い。初心者向けで分からないところを聞ける勉強会だから申し込んだ」といった言葉を頂いたので、そういう需要があったのか〜と、新たな発見をしました!



5月中旬、第2回目の打ち合わせ
思ったより人数が増えたので、20人近く入る会場探しが必要になりました。

勉強会でネックなのは、会場の確保なのではないかと思います。
大金を出せば広くて良い会場を借りられますが…会場より先に参加費を決めてしまったので、集められる金額に応じた場所しか借りられません。

次にやる時は、場所代と人数に応じて参加費を決めるべきだなと反省点。
今回はspaceeという、貸し会議室を予約できるサイトを利用しました!いろんな会場があるので便利です。

「都内のベンチャー企業とか、土日に無料(もしくは格安)で会議室貸してくれるとことかあったらいいな〜場所を貸してくれる代わりに勉強会内で企業の宣伝とか求人紹介の時間入れるから」ってふと思ったりね。
社長さん、需要あったらこっそり連絡下さい。笑



5月中旬、第3回目の打ち合わせ
詳細なタイムスケジュールとか、当日の役割分担とか決めました。

第一回目だったし、とりあえずやってみよう精神だったので、勉強会で作るアプリとかスライドとかの準備が詰め切れていなかったのが、事前準備の反省点だったなって気がします。

そんなこんなであとは当日の開催数時間前に直前の確認を行い、開催を迎えました!!


開催してみて

申し込みは20人以上の応募を頂きましたが、直前のキャンセルもあり結果的に11人の方に参加頂きました。

今回、借りた会場はマンションの一室を会議室にして貸し出しているスペースだったため、ちょっと狭めでしたがアットホームな空間になったのはよかったのかなと思います!

受付をしての教訓は、参加費は小銭にしてはいけないってこと!お釣りが発生したりして徴収が面倒。次から1000円単位、せめて500円単位にしようと思います。

勉強会は、全体的には思ったより個々で作業していたのでもくもく会っぽい感じになったかな。
聞きたい人は声を上げてくれてたので都度質問に対応はしましたけど、もう少しこちらから発信とか、これをやってみようみたいな物を用意しておけばよかったと反省。

あと、Windowsの環境構築経験が全くなかったので、Windowsの方の環境構築時のエラーに全然対応できなかったのが反省点だし、せっかく来てもらったのに、得られるものがなかったよな〜って申し訳ない気持ちです。
Macの方が環境構築が何倍も楽だなって印象を受けました…

参加者から、「つくれるものが決まっていると良かった、この勉強会に参加するとこういうものが得られるというのが最初に分かってると良かった」といった意見を貰いまして、確かに私もそういう得られるものとかゴールがわかる勉強会の方が参加したくなるな〜って感じましたので、次にやるとしたら成果物を決めて開催したいなと思います!

あと、今回は環境構築からスタートする人も、すでに一人でアプリ作っている人も集めたので、レベル感にバラツキがあったのでもう少しターゲットを絞った方が良かったのかなって思いました。次回に活かします!

終わった後に少し、転職活動の話の時間を設けましたけど、何人か熱心に聞いてくれたりして転職の経験談も需要あるなって言うのも発見でした!

撤収後に最後まで残って下さった方3名が急遽フィードバック会に参加して下さったので、参加者側の意見を聞けたのは良かったですし、交流できたのは楽しかったです♪



色々反省点、改善点はあるのですが、結果的にとても楽しかったですってこと\(^o^)/



これからはフロントエンドエンジニアになるので、もう少し勉強したらフロント勉強会でも開催したいな〜って思います!!
いつになるか未定ですが、開催したらTwitterで発信しますので、良かったらご参加ください!

ABOUT ME
アヤカ
元メーカーOL。プログラミングに出会ったことをきっかけにIT業界へ転職。SES、コーダー、Webディレクターなどを経験し2018年秋、会社を退職し、現在は神奈川を拠点にフリーランスWebエンジニアとして活動中。 趣味は着物を着ること、写真撮影、手芸。神社、お寺、落語などなど和風ものが好き。