JINカスタマイズ

JINで新エディターGutenberg(グーテンベルク)を使う方法

この記事は、JINのテーマをお使いで、新エディターGutenberg(グーテンベルク)にしたら使い方が分からなくて困っている。という方に向けての話です。

JINの推奨はクラシックエディター

WordPress5.0から、強制的に新エディター(Gutenberg)になります。

しかし、公式サイトにもありますが、JINは現在はGutenbergには未対応です(近いうちには対応するよう)

なので、公式サイトにもあるように旧エディターに戻すプラグイン(Classic Editor)使用するのが良さそうです。

でも、「新エディターのGutenbergを使いたい」って方もご安心ください。ちゃんと使える方法がありますので。

ちなみに、私も慣れるためにGutenbergを使ってこの記事を書いています。

ボックスの出し方

記事を書いていてよく使うのが、このデザインされたボックスたちなのではないでしょうか?(私も愛用しています)

Gutenbergでも、下の方にボックスたちが表示されます。
ただし、コードコピーというボタンはGutenbergでは効かないので押してもダメです。下にあるのはボックス見本くらいに思いましょう。

ボックスの出し方は、左の+ボタン > フォーマット > クラシックを選択

そうするとクラシックエディターのようになりますので、スタイルのプルダウンから好きなボックスを選ぶと表示されます。

ボックスが出ました。

ショートコードを利用するボックスは、ショートコードのプルダウンから選択できます。

クラシックフォーマットにすればJINの装飾は使える

クラシックフォーマットを選択すれば、ボックスだけじゃなくてマーカーや吹き出し、ボタン、表やランキングなどのJINに備えられている装飾機能は使えるようになります。

ブログカードの出し方

また、内部リンクのブログカードもできます。こういうやつ

「WordPress仕事の現場でサッと使える! デザイン教科書」で勉強してみた感想 WordPressでこのブログを初めて約半年。記事を書くのみだし、テーマも配布されている無料テーマを使うだけでカスタマイズは一切できま...

これもクラシックにURLを貼ればできます。ただし、リンクボタンからやるとただのリンクになってしまいブログカードにならないので、URLをコピーして貼るようにしましょう。

また、文字は別のブロックに書きます。URLと同じクラシックブロックに書くと、ブログカードがうまく表示されません。

ちなみに2つ以上を並べて貼りたい場合は、1記事1ブロックにします。1つのクラシックブロックに2つ以上のURLを貼るとうまく表示されませんでした。

まとめ

都度クラシックフォーマットを選択しなければいけないのですが、それさえやればJINの機能は使えるようになります。ちょっとだけ面倒ですが、慣れれば案外平気でした。

でも、それが面倒だと感じる人はClassic Editorプラグインを入れて、旧エディターを使用することをお勧めします。(ゆくゆくはJINがGutenbergに対応するそうなのでそれまでの間)

  • クラシックフォーマットを選択すればJINでもGutenbergを使える
  • ブログカードの表示は1記事1ブロック
  • クラシックフォーマットへの切り替えが面倒な人は旧エディターに戻した方が良い

今すぐ新エディターGutenbergをJINで使いたい方はやってみてください。

ABOUT ME
アヤカ
時間と場所に縛られない生き方をしたくてフリーランスになった人。WordPressを中心にWebサイト制作などをやってるwebクリエイター。